ツボの効き目のTOPに戻る
「ツボの効き目」トップ >  ツボ 疲れ目 > 疲れ目に効く3つのツボ

疲れ目に効く3つのツボ

毎日パソコンなどでのデスクワークで、目を酷使することで、目に疲労が溜まり、疲れ目に陥る人が増えているとのことです。

目の疲労に対して、目薬や目に良いとされるブルーベリーなどのサプリメントを欠かさず愛用している人も多くおられます。

サプリメントではなかなか疲れ目がとれないと悩む人には、即効で効くツボ押しがあります。

「睛明(せいめい)」「風池(ふうち)」「客主人(きゃくしゅじん)」は、3大ツボとも言われていて、疲れ目に効く代表的なツボとされています。

「睛明」は、目頭の内側の鼻と重なるクボミ部分で、目を閉じたまま左右の睛明をつまむように親指と人差し指で優しく押し続け刺激します。

ツボを押冴える時には、目を強くつぶる動きや、指でゆっくりと円を描くように押し続ける動作も合わせて行います。

目が疲れたなぁと感じたときには、リセットさせる為にも1分ほど、ツボ押しをしてみます。

ツボの一つ「客主人」は、サイドの生え際と目じりの延長線上の中央部分に位置し、両サイドから顔を挟む形で、円を描くようにイメージしながら左右同時に押していきます。

ツボに刺激を与え過ぎないようにする為には、中指を人差し指の上に重ねた状態で押して行くのが良いようです。

「風池」は、後頭部の髪の生え際にある僧帽筋という筋肉の周辺にあり、両手親指で風池を押して残りの指は、頭を包むような形で添えていきます。

10秒間息を吐きながらツボを押し、息を吸いながらゆっくり指を離してリズムで行います。

このエキササイズを10回は繰り返し行えば、疲れ目と共に首のコリも和らいできます。

この3点の大ツボに優しい刺激を与えることから、疲れ目を回復させていきます。

関連コンテンツ

疲れ目に簡単に出来るツボ押し

疲れ目は同じ姿勢で、いつも同じ一点を見続ける作業をしている人にとっては、絶えず近い範囲に焦点を合わせ続けているので、目のピント調節をする部分に負担がかかることから生じます。 どんどん目の奥に負担・・・

疲れ目には意識したツボ押しの効果

目が疲れたと感じたときに、自然に目頭や両サイドのこめかみ部分などを指で押していることがあります。 また、疲れ目から、首のコリやだるさを感じて、自然に首の生え際部分を指圧していることがあります。 ・・・

疲れ目解消にはツボの刺激と蒸しタオルで温める

長時間のパソコンなどの作業で、目の疲れもどんどん溜まると、疲れ目症状の充血目やショボショボ目になります。 このような疲れ目のときには自然に、目の周りのツボ押しやマッサージを施して疲れ目を解消させ・・・

疲れ目対策に有効的なツボ押し

目の周りにあるツボを刺激することは、疲れ目対策に有効です。 同じツボを刺激するにも、疲れ目にとってより有効的に作用する方法を取り入れることで、疲れ目はもっと楽になります。 一箇所に集中している・・・