結婚式トレンドのTOPに戻る
「結婚式トレンド」トップ >  結婚式費用 > 結婚式費用の内訳

結婚式費用の内訳

結婚式を行うにはかなりの費用を用意する必要があります。

一般的に結婚式を挙式と披露宴を行った場合、地域によって差はありますが、全国的な平均は約300万円前後かかると言われています。

費用のかかる結婚式の内訳を見てみます。

まず、挙式と披露宴を行う場合、挙式料と披露宴会場の使用料が合わせて約30万円前後要ります。

披露宴会場では会場の装飾やセッティング、音響や照明の使用料も必要になります。この中で意外と金額の高いのが、装花に掛かる料金です。

生花はというだけでも高いのですが、花の種類や使用したい色を希望すると価格が変わってきます。

ここで、装花に掛る費用を抑えるのには、造花を使用したり花の種類を少なく、色を統一してもらうことです。

衣装の費用は男性のタキシードの場合1着5〜6万円、女性のウエディングドレスとお色直し用のカラードレスを合わせれば約40万円前後が掛り、この上、美容と着付けで、2人合わせておおよそ5万円加算されます。

衣装やギフトを持ち込む際には、持ち込み料が取られる場合があります。挙式と披露宴を同じ会場で行い、そこで衣装をレンタルすれば持ち込み料などは取られません。

また、披露宴での料理は安いもので8千円ぐらいから、平均して1万5千円ぐらいになります。

この他に、司会料やビデオやスナップ撮影料、ケーキなど様々なものに細かく料金が設定されています。

結婚式費用の内訳は非常に細かくなっていますので、ホテルや式場での打ち合わせに、価格を比較し削る部分の検討も必要です。

関連コンテンツ

費用をかけずに行う結婚式

最近の結婚式に掛る費用は、一般的に挙式と披露宴を行った場合、地域によって差はありますが、全国的に平均して約300万円前後だと良く言われます。 結婚式はそれなりに行いたいけれど、結婚後の生活を考え・・・